2016年12月18日

XPS(9360)にUbuntuを導入するのとthunderbolt3はすごいぞって話

先日買ったXPSだけど,工場出荷状態ではWindowsが入ってる。
でもWindowsは使い慣れてないからUbuntu(16.04 LTS)を入れた。

XPS,海外のみだけどUbuntuがプリインストールされているものも選択できるらしいく,購入時にドライバ面での不安はなかった。
Dell XPS 13 Developer Edition now available with Ubuntu Linux and Intel Kaby Lake CPU
わりと新しい世代のCPUだからどうなのかなとおもってたけど,こういう形でサポートやってるなら勝手に入れるのも大丈夫なはず。ありがたい。

でも調べてみると,XPSで採用されてるthunderbolt3のチップセットのファームウェア更新がwindowsでしかできないらしい情報がでてきたので,念の為購入直後にWindowsを起動してみてDELLのサイトからダウンロードして,ファームウェア更新してみた。
たぶんファームウェアそのままでも動くんだろうけど,念の為。
XPS 13 9360のサポート | Dell 日本
↑ここの「チップセット(10ファイル)」にある「Intel(R) Thunderbolt 3 Firmware Update」ってやつ。
ダウンロードしたやつWindowsで実行したら再起動してBIOSの画面でよくわからないロード画面になった。これWindows無しにBIOSで実行できないものなんかなあ。不便。


ファームウェア更新したし心残りはないのでSSDをまっさらにして,Ubuntuを入れた。

インストールディスクで試しに起動した時は無線LANデバイスを認識してくれなかったのでUSBのイーサネットアダプタ繋いでインターネットに接続した。

ネットに繋いだ環境でインストールを実行すると勝手に追加のドライバとかもいい感じに入れてくれたらしく,インストール完了して起動してみると無線LAN使えるようになってた。

懸念のthunderbolt3もバリバリ使えてる。
XPSはthunderbolt3だけに割り切ったAppleのラップトップと違って,充電用ACアダプタ端子と普通のUSB3.0のtypeAポートやSDカードスロットが装備されてるんだけど,外部ディスプレイ出力端子はないから内部GPUで外部ディスプレイ使いたいならthunderbolt3端子経由で出力する必要がある。
使えたよかった。
Linux版ドライバを開発してくれたすごい人,ありがとう。


thunderbolt3からいろいろ分岐させたり変換したりするやつが必要になるんだけど,DELLのドックは高いので,よくわからないメーカーのよくわからないやつを買ってみた。
DSC_0282.JPG
Amazon | 3in1 USB 3.1 Type-C to HDMIアダプター USB3.1 type C to HDMI+USB3.0+Type-C/F MacBook(2015/2016)、Google new Chromebook Pixel、Microsoft Lumia950、Dell XPS 13/ 15 (2015)このType-Cを持つデバイス対応 (ブラック) | MYTK | USBハブ通販
typeC(thunderbolt3の端子)からUSB3.0(typeA)端子・HTMI端子・usb3.1(typeC)端子の3つに分岐させるやつ。
とりあえず使えてる。

HDMIからFHDディスプレイへ接続して使ってるけど,チラつきとかなく安定してるしアニメみたりマイクラしたりしたけど違和感を感じることはない。

USB3.0端子からは別のUSB3.0ハブ(セルフパワー)に接続してさらにたくさんの周辺機器に数珠つなぎにしてる。XPSにもオーディオ出力があるけど,USBのオーディオインターフェース経由にすると持ち出し時に抜き差しするケーブルが一本で済んで良いのでおすすめ。

最後にtypeC端子が残されてて,ここから更に同様にいろいろ繋げられる。
USB PDも対応だから,ここにUSB PDのACアダプタを接続すると充電もこの元のケーブル一本でできることになる。すごいなあ。


*


かつていろんなPCメーカーが出してたオリジナル端子のドッキングステーション用ポートが,thunderbolt3(またはusb3.0 typeC)で統一されて互換性が一気に出たし,自分で既存の汎用機器でドッキングステーションみたいなのを自由自在に構築できるようになった。大変すばらしい。

あんまりよくわかってないんだけど,thunderbolt3ってPCI Expressの信号も乗るらしくて,ノートPCの外付けグラボもわりと実用的らしい。
外付けグラボユニット「Razer Core」をレビュー。Thunderbolt 3対応NUCやモバイルPCはVR HMDも利用可能なハイエンドゲーミングマシンに変わるか!? : 自作とゲームと趣味の日々

thunderbolt3→グラボ,今は出しているとこがあまりなくて高いけど,そのうち普及すれば量産効果でもっとお手軽になるんだろう。家ではバリバリゲーミングマシンとして使うけどケーブル一本外せば軽量なラップトップとして持ち運べるのが当たり前になったらなんて効率的なんだろうか。


thunderbolt3ナメてた。実際使ってみると便利で驚いた。thunderbolt3はいいぞ。




posted by おdd at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック