2019年01月28日

YAPC::Tokyo 2019にいきました

YAPC,今回もいってまいりました。雑に書きます。各トークの感想はあとで追記します(たぶn)。

YAPC::Tokyo 2019
YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。



会場は浅草橋ヒューリックホールさん。
DSC_0752.jpg
ひろい。
スクリーンがいっぱいあってみやすかった。

まず最初に小飼弾さんの「型にはまらない型の話」,次にrisouさんの「Perl 6 でのアプリケーション開発と実用」を聞いた。
弾さんは前回のYAPCでPerl6での型の話をしていたけど,今回もそんなかんじだった。risouさんの話は初心者にもわかりやすいPerl6の機能紹介だった。Perl6,やっていくぞー。

その次の枠はxaicronさんの「Perl to Go」を聞いた。Go初心者向けだったけれど,めちゃくちゃ内容が濃かった(最後の方めっちゃ飛ばしてた)のであとでスライド読みたい。

お昼はおべんとう。
DSC_0758.jpg

お昼のあとは大仲さん(@onk)の「Perl on Rails」。Perlめっちゃ書いてる会社のPerlのプロダクトリポジトリにいかにRubyのコードを紛れ込ませるかみたいな激しい話だった。
DSC_0762.jpg

つぎは広木さん(@hiroki_daichi)さんの組織論についてのおはなしだった。チームビルディング,むずかしいけどやっていかなければ。

次にfist0さんの「ログにやさしいDB設計」,akiymさんの「CPAN Module Hacks」をきいた。自分も最近金のやりとりを扱うサービスに携わりはじめたので,ログテーブルの設計ノウハウ聞いてて面白かった。CPAN Module,みなさんどんどん作ってあげていきましょう。

そのあとtecklさんの「レガシーPerlと、Perlのこれから」。昔話はみんなすき。質疑応答のときに,実行委員のtoku_bassさんが質問されてた方に,各社いろんな独自進化を遂げたsledgeがありますからーみたいな補足してて面白かった。

次のikasam_aさんの「10年モノ熟成Perlその後」も古いシステムをどうするかという話で,よかった。歴史があるということは,よいことですね(?)。

最後にLTがあって,tokuhiromさんのkeynoteがあって,おわり。LTもKeynoteもおもしろかった。


*


懇親会では色んな人とお話した。
makamakaさんに,僕の書いたAcme::Math::Josanが最近では一番おもしろかったよと褒めてもらえてうれしかった。「選り抜きAcmeさん」にも掲載してもらえてた。
@AnaTofuZくんもおんなじようなこと言ってるけど,自分のおもしろいが他人のおもしろいに繋がると幸せでよい。

*


懇親会のあと, @onkさん,@tecklさん,@nahcnujさん,@raryosuくんを誘って飲みに行った。アルコールは最高!Perlも最高!
たのしかった。

posted by おdd at 00:00| Comment(0) | その他日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください