2017年03月07日

Youtubeで著作権侵害の申し立てされて配信停止されたから反論した話

Youtubeで自分のあげた動画が著作権侵害で停止処分されたから異議申し立てした話。

件の動画はこれ。



3年くらいまえに作ってあげたクソみたいな動画。
BGM?に葉加瀬太郎の情熱大陸を使っているのが自動検出に引っかかったのか,今年1月末に停止された。

Screenshot from 2017-03-07 19-40-37.png

二年半も経った動画を今更とめられてももうどうでもいいと思ってこのメールきても放置してたんだけど,何人かにTwitterで言及されてしまった。






いやなんでこんな動画の状態をマメにチェックしてるんですかね…。

そんなわけで,なんか著作権侵害の申し立てに対する異議申し立てができるらしいのでやってみることにした。

Youtubeのクリエイターツールから動画の管理で動画の詳細開いて,著作権タブから異議申し立てについての詳細が見えたりする。そこで「異議を申し立てる」をクリックすると,異議申し立てフォームに飛べる。

ちなみに,異議申し立てフォームを開く前に選択肢がでてくる。
Screenshot from 2017-03-07 19-53-20.png
この画像の選択肢のうち上3つはひっかけで,それを選択するとYoutube先生からの著作権についてご教授いただける。

今回の場合は「私のコンテンツ利用は(中略)フェアユースまたはフェアディーリング関する法的要件を満たしています」を選択した。
「フェアユース」っていう聞き慣れない単語についてはYoutubeさんが用意してくれているページが詳しい。
フェアユース - YouTube
フェアユースとは、一定の条件を満たしていれば、著作権所有者から許可を得なくても、著作物を再利用できることを示した法原理です。以下に、フェアユースの例となる動画をいくつか取り上げます。

日本では聞き慣れない単語で,たぶん日本の著作権法ではなくYoutubeというかGoogleのあるアメリカの法律が根拠になっているものなんだろう。


今回の動画はBGM的に葉加瀬太郎の情熱大陸を使ってるけど,ほぼ全編にわたって上からオリジナルのドラム音や声などを被せてるし,フルではなく途中で切っているから著作権侵害の意図はなく異なる作品性を持ってるからフェアユースと主張しても差し支えはないのだろう,と自分の中で結論づけた。

そしてそういった内容をYoutubeの異議申し立てフォームに入力して,あとはしばらく待つのみ。

たぶん2月6日に異議申し立て送って,そのあとすっかり忘れていつ配信停止が解除されたかちゃんと確認してなかったんだけど,今エゴサしてみたところ少なくともその翌々日の2月8日には見れるようになってた様子。早い。



なんでチェックしてるんすかね…。


正式な返答は1ヶ月以内にされるってYoutubeの説明には書いてあって,昨日3月6日正式な結果がメールでやってきた。
正直グレーだと思ってたから安心した。

Screenshot from 2017-03-07 19-41-08.png




著作権についてちょっと知ってまたひとつかしこくなりました。めでたし。

posted by おdd at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記 | 更新情報をチェックする